新着情報

  • HOME>
  • 新着情報>
  • 離婚の相談なら離婚に強い福岡の女性弁護士

離婚の相談なら離婚に強い福岡の女性弁護士

2021/03/11

離婚の相談なら、離婚に強い福岡の女性弁護士田中里美にご相談下さい。
田中里美法律事務所へのアクセス
田中里美法律事務所は、福岡市中央区大名にあります。天神に近接しており、車はもちろん、西鉄バス(舞鶴1丁目バス停または大名2丁目バス停)や、地下鉄(天神駅または赤坂駅)でもアクセス良好です。大野城市、春日市、田川市、飯塚市、直方市など福岡市近郊の方もお気軽にお出で下さい。

離婚したい方へ
離婚の方法と弁護士に相談するメリット
離婚には、協議離婚、調停離婚、裁判離婚というものがあります。
協議離婚
協議離婚とは、夫婦で話し合い、双方が同意の上、協議離婚の届出をすることによって成立する離婚です。離婚の方法の中では、もっとも簡単で時間も費用も掛からないため、広く利用されています。
弁護士に相談するメリット
配偶者の一方からDVやモラハラを受けている場合は夫婦での話し合いは難しいでしょうし、不利な離婚条件を強いられる危険もあります。弁護士は、依頼者にとって適切な離婚の方法を選択し、離婚成立まで依頼者をサポートします。
また、夫婦間で離婚について合意ができた場合も、弁護士に相談することは有用です。離婚する場合には、取り決めておくべきことがいくつもあります。親権をどちらが持つか、養育費の額や支払終期、財産分与や慰謝料、面会交流の実施方法などです。これらの事柄に漏れがあったり、決め方が不適切だと、将来紛争が生じる可能性があります。弁護士は法律的な観点から合意内容をチェックして、法的に有効な離婚協議書を作成したり、公正証書を作成するなどして、将来のトラブル防止のために依頼者をサポートします。

調停離婚
調停離婚とは、家庭裁判所における調停によって成立する離婚のことです。夫婦間で離婚について合意ができない場合(協議離婚の不成立)、それでも離婚したい配偶者は法的手続をとることになりますが、その際、まず離婚の調停を申し立てなければならないとされています(調停前置主義)。
弁護士に相談するメリット
調停は家庭裁判所において調停委員を介して行う話し合いですので、自分一人で行うことも、もちろん可能です。ただ、調停委員に対して自分の気持ちや考えを的確に伝え、調停委員の説明をきちんと理解し、後悔のない離婚をするためには、弁護士を代理人とすることをお勧めします。弁護士は依頼者と共に毎回調停に出席し、依頼者の気持ちや希望を相手方や調停委員に適切に伝えると同時に、相手方や調停委員の考えを依頼者にわかりやすく説明して、依頼者が納得のいく選択ができるよう、サポートします。

裁判離婚
裁判離婚とは、協議離婚、調停離婚が成立しなかったときに、夫婦の一方が民法の定める離婚原因に基づいて離婚の請求を行い、これに対して裁判所が判決によって離婚を成立させることを言います。
弁護士に相談するメリット
裁判離婚だからといって弁護士を代理人に就ける必要はありません。しかし、裁判離婚に関しては、裁判所に対して如何に自分の主張を書面で的確に伝えられるか、有用な証拠を提出できるかなどがその勝敗に大きく影響します。弁護士は依頼者と話し合い、法的な事柄についてわかりやすく説明しながら、依頼者のために書面を作成し、証拠を提出するなどして、依頼者にとって少しでも有利な解決が得られるようサポートします。

離婚したくない方へ
配偶者に離婚を申し出られたけれど、自分は離婚したくない。それでも離婚しなければいけないのか?
協議離婚も、調停離婚も、離婚(離婚することや離婚条件)に関して、夫と妻の間で合意ができなければ成立しません。したがって、配偶者から離婚を求められたからといって、離婚に応じる必要はありませんし、直ちに離婚が成立するわけでもありません。しかし、配偶者の一方が離婚の裁判を起こした場合は、他方配偶者が離婚を拒否していても、裁判所が離婚を認める場合があります。
弁護士に相談するメリット
離婚裁判において、弁護士は、離婚したくない依頼者のために、裁判所に対して有用は主張・立証活動を行います。同時に、裁判で離婚が認められる可能性を検討し、依頼者にとってもっとも有利な解決方法を依頼者に提案して、依頼者が納得のいく選択ができるよう、サポートします。

092-738-6011営業時間 | 平日 09:00~17:00