解決事例

  • HOME>
  • 破産の解決事例

破産の解決事例

<ケース 1>

個人事業主の破産申立事案

相談者は個人で小売業を行っていたが、売り上げが減少して赤字が続き、仕入先から商品を引き揚げられて事実上の閉店状態に。破産を申し立てたが、相談者が高齢で持病があることなどから、互助会契約の継続や若干の現金を手元に残すことが認められた。

<ケース 2>

亡夫の連帯保証人になっていた妻の破産申立事案

相談者は夫の借金(約2億円)の連帯保証人になっていたところ、夫が死亡。夫の借金(相続債務)については相続放棄の手続きを取る一方、相談者自身の連帯保証債務については、破産を申し立てた。

<ケース 3>

4者同時に自己破産を申し立てた事案

相談者は法人(実態は個人事業)の代表者。相談者が相談に来る直前、相談者の妻および相談者の母親が債権者に求められ、約2600万円の法人債務の連帯保証契約に署名・押印していた。法人、法人代表者である相談者、相談者の妻、相談者の母の4者について、破産を申し立てた。

092-738-6011営業時間 | 平日 09:00~17:00